愛犬ゆきこと、着物、庭などを綴る、ゴッタ煮blog


by enbo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
さて、幾つか咲いてるんですがね。。。
今朝見たら、虫食いの被害で蕾がダメになったのが幾つか見つかって、
ちょっとショック。

ま、虫除け剤とかかけてないですからねぇ。
仕方ないと言えばそれまでですが。

そんな被害をもろに受けたのはこの方。
c0336266_10213550.jpg
ボレロです。
これは、少しだけですみました。

c0336266_10214099.jpg
なんとか食害を受けた花もありますが、
3つばかり、蕾の時にがっつり食われてましたっ!007.gif




シュネービッチェン/スノープリンス
c0336266_10214629.jpg
c0336266_10215275.jpg
安定の開花状況です。
横に蒔いたコスモスも蕾がついたので、
もう直ぐコラボが見れそうです。


イブピアジェ
c0336266_10213170.jpg
こちらは開き切ってしまいましたね。。。




幾つか纏まって咲いて来たので、早速花瓶に。
c0336266_10280261.jpg
イブピアジェ、ボレロ、チョコレートコスモス・チョカモカ


c0336266_10280607.jpg
黄花コスモス、シュネービッチェン

窓に貼ったシールが、カーテンに映って面白いv


バラさんを切りって家に持ってくると、
必ずいる小さい黒い虫は何なんでしょうね。
切花でもたまに見かけますけど。。。

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-30 10:32 | ガーデニング
庭に植えたジャクリ―ヌデュプレ。
c0336266_21283121.jpg
短期間で、こんなに伸びました。
ベイサルシュートです。

夏に新苗でお迎えしましたが、
シュートが出たのは確か9月の初めか?
既にある枝よりも一番太く&長いです。
たぶん、120~130㎝くらいあるんじゃないかと・・・。
今あるバラの中で、一番に伸びましたよ~。

花芽っぽいのもあるので、秋の2番花が見れそうです。





そうそう、映画。
母と新作映画見て来ました。
「天空の蜂」
東野圭吾原作・堤幸彦監督
江口洋介・本木雅弘・綾野剛・仲間由紀恵・
佐藤二朗・柄本明・竹中直人・
石橋蓮司・國村隼・向井理・・・
主題歌・「Q&A」秦基博

です。


因みにR12なので、小学生以下は見れません。
ですが、中学生でも結構グロ過ぎる・・・。
話の展開や構成は流石と言った感じ。
東野さんのスリリングな畳みかける様な事件の連続。
ハラハラドキドキを堤監督が更に煽ると言うか、
盛って・・・。

丁寧に隅々まで、脇役の人の心象や動きも描かれていて、
見ごたえがあります。


やっぱり、「脱原発」なんだろうなぁ。と感じました。


あ、最後に主題歌がかかるんですけど、コレもバッチリ!
一人の心の奥底を絶妙に描いていて、全部見た後なので、
意味がよくわかるvvv


ピッチの速さが、映画のスリリングさを醸し出していて
いいですよ~。


是非、曲は映画とセットで!!!


[PR]
by turewamyuki | 2015-09-29 22:10 | ガーデニング
シュネービッチェンは、
次々と可愛い花を咲かせています。
c0336266_22474373.jpg
c0336266_22482070.jpg
c0336266_22482515.jpg

ボレロは雨でちょっと痛んでます・・・
c0336266_22473665.jpg
c0336266_22500224.jpg

イブピアジェ
c0336266_22503918.jpg
ちょっと虫食い。
c0336266_22504876.jpg
こちらもピアジェ。
ウサギの耳の様に、額が伸びている。



ピエールドロンサール
c0336266_22521637.jpg
ベイサルシュートがまた伸びて来ました。
1年で幾本出すんでしょう。。。


バフビューティ
c0336266_22523253.jpg
やっと、芽が出て来ました。
少しは成長してくれる様です。

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-28 22:56 | ガーデニング
最近、TVを見なくなりました。
久し振りに溜めている録画をみようとしたら、
「残り録画時間17時間」切っていました。
なんとか1日分を捻出しました、enです。
(前置き長いですね・・・)

さて先日は、箱根に行って来ました。
日帰りで。
行先は、薄の仙石原と星の王子さまミュージアムです。

涼しくなってきたし、警戒レベルが2へ下がった事も手伝って。
しかも、久し振りの晴れ続きvvv
これは、バイクに乗らないわけにはまいりませんv
ユキコは問答無用でお留守番させて、いざ出発!




と、空いてるかと思いきや、混んでました。
c0336266_15085284.jpg
(目的地に行く途中に咲いていた、玉アジサイ?)
シルバーウィークの箱根は結構混んでます。
それに、道の途中で追突事故もあって、中々進みません。
2hくらいで着くはずが、13時を過ぎても、湯本くらいで・・・・


予定を少し変更して、先ずは「星の王子さまミュージアム」
c0336266_15124823.jpg
サン・テグジュぺリは、フランス出身の作家・ジャーナリスト・飛行士です。
なので、フランス国旗。


秋草で、彩られたミュージアムか皆様をお迎えしますっ!
c0336266_15145915.jpg
この日は快晴っ!

13時もとっくに過ぎて、私達はお腹と背中がくっ付きそうになる中、
先ずは食料の調達。
c0336266_15151650.jpg
併設のレストラン。


メニューはこんな感じ。
c0336266_15164853.jpg
c0336266_15164379.jpg
デザートまで、抜け目ない。。。


で、一応入るも、40分待ちっ!!!
とりあえず名前を書きこんでみるも、じっとはしてられなかったので、
館内を散策。
c0336266_15191206.jpg
c0336266_15200572.jpg
玄関前からステキ感が半端無い。。。
ココの入館料は1700円ほど。
安くはないですね。むしろ高い。
クレジットカード持っているなら、断然前売りをお勧めします。
1200円ほどで入れますよ~v
(詳細は、ミュージアムHPで確認をv)
プリントアウトした引換券を持って、受付に出すだけです。
楽ですv


可愛い入口vvv
c0336266_15240270.jpg
c0336266_15240723.jpg
物語に出てくる、名場面v


入口から高まる、期待感っ!
c0336266_15251847.jpg
c0336266_15255810.jpg
c0336266_15264102.jpg

広大な敷地に、パリの商店街vvv
c0336266_15310377.jpg
c0336266_15265862.jpg
c0336266_15271011.jpg
花屋さんかと思いきや・・・・
c0336266_15271441.jpg
「お手洗い」のエントランスv
「お手洗い」ステキにカムフラージュされていて、見つけるのも面白いです!


ガーデンのアイアンドアも、凝った造り。
c0336266_15272584.jpg
ステキな小道具たち。
c0336266_15322525.jpg
c0336266_15323075.jpg
抜け目ない花の演出。


ココのガーデン監修は、吉谷圭子さん。
月1で公開ガーデンワークもされているとか。
少し前の長雨で、結構ダメになった植物が多かったと聞きましたが。
c0336266_15323690.jpg
秋バラ香る庭。


”吉谷カラー”のステキなコーデ。
c0336266_15353429.jpg
c0336266_15354190.jpg
c0336266_15355265.jpg
c0336266_15363845.jpg
ガーデニングで人気の植物も沢山あります。
c0336266_15383270.jpg
ダリア・黒蝶


c0336266_15384027.jpg
ジニア・クイーン・・・(なんだけ?)


c0336266_15382346.jpg
猫の髭


バラもモチロンありますっ!
c0336266_15410045.jpg
c0336266_15411375.jpg
c0336266_15411631.jpg
c0336266_15410856.jpg
c0336266_15414488.jpg
小さめの花から大輪まで様々。 白~赤まで色々ありました。


敷地内には、”彼ら”もちゃんといます。
c0336266_15435008.jpg
「王さま」


c0336266_15440477.jpg
「実業屋」


c0336266_15441392.jpg
「点灯夫」


c0336266_15440990.jpg
「地理学者」



c0336266_15434194.jpg
そして、「星の王子さま」
彼はサン・テグジュぺリの幼少期を、
モチーフにしていると言われています。


ステンドグラスが綺麗な空間
c0336266_15520951.jpg
ココも、星の王子さまモチーフですねv


この素敵な窓がある場所は
c0336266_15521332.jpg
協会です。
何気に、壁の一部も星だったり。


そうそう、11月公開の映画の紹介もされてましたっけ。
c0336266_15545297.jpg
貴重な机も展示されてます。
c0336266_15553071.jpg
この奥は、撮影禁止エリア。
彼の人生がギュッと詰まった、
「彼の一生」を体感できる回遊式ヒストリーです。
激動の時代に生きたゆめみる少年は、
楽しいと思える人生を送る事が出来たかな・・・・。


あ、腹減ってたんでしたね。
肝心の”過ぎた”お昼をv

色々考えて、ダンナはハンバーグランチ。
私はステーキランチ。
c0336266_15595523.jpg
星モチーフのハンバーグv
美味しいし、見た目も可愛い!!!

で、私のごはん・・・・
c0336266_15594730.jpg
「ステーキ」なんですよ。
肉好きの私としては少し残念な厚みでございました。
美味しかっただけに、ね。


レストランも凄くすてきなんですよ~
c0336266_16024543.jpg
テラス席。

c0336266_16025318.jpg
レストランの壁に書かれた、お店の看板?

c0336266_16024961.jpg
(また、ボケた写真を・・・)
特注!ランプシェードv


これ、なんだかわかります?
c0336266_16025810.jpg
紙ナフキンなんですよ~!


テラス席からの眺めもサイコー
c0336266_16061025.jpg
c0336266_16054541.jpg
c0336266_16055702.jpg
大好きな周明菊も満開ですv


夕方になったら、ライトアップ
c0336266_16062915.jpg
このエリアは、フランス式回遊庭園を模したプチ庭園ですね!


そうそう、ココもステキエリア!
c0336266_16081132.jpg
ブルーのベンチ&ドアが映える、ハンギングv
c0336266_16081660.jpg

ココのパーゴラの足元には、
c0336266_16082093.jpg
さりげなく、つぼ型の寄植え。



で、ミュージアムのパンフやチケットなど。
c0336266_16104317.jpg
こちらはローズティー。
c0336266_16104777.jpg
レストランで、飲んでみたら美味しくってv
中身は、ハイビスカス・ローズヒップ・ローズペタル・リコリスなど。
癖が無いので、飲み易いと思います。

このほかにも沢山あったんだけど、
本とソーイング用ハサミを買いました。

仙石原は、次の記事でv

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-25 16:19 | 散歩・旅
秋バラの1番花とでも言うのでしょうか。。。
(それとも春から数えるのでしょうか?)
9月初めにポツポツと付けた蕾は、咲きました。
c0336266_22320348.jpg
ボレロ、イブピアジェ、シュネービッチェン、ブルーサルビア

ボレロは綺麗に咲いていたのですが、屋根のケレン作業でくろーく・・・・。
何度も洗いましたが、コレが限界。
秋に咲いたボレロは、中心にピンクが乗ってます。


次の日はイブピアジェが咲いてました。
c0336266_22322580.jpg
こちらは蕾の状態で取って来たので、黒くなってません。


c0336266_22322191.jpg
金色のシべが見えます。
秋のピアジェは、若干色が薄め。
咲き方も「勺薬咲き」と言うよりは、「カップ咲き」に近いほど、
まんまる。

この二つは蕾が未だ沢山。
あ、シュネービッチェンも沢山あります。


デュプレやアストリットは、ベイサルシュートを出して来ました。
シッカリと太い枝です。
今後が楽しみです。

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-23 22:40 | ガーデニング
さて。
雨がシトシト・・・。
今日は1日雨の様ですね。
寒いです。

雨がちょっと小ぶりになった時があったので、庭の植物を撮って来ました。


多肉植物
c0336266_13143083.jpg
雨粒を乗せてキラキラ。


c0336266_13145162.jpg
ツンツンした緑の頭にスワロでも乗せたかの如く、光ってます。


バラは、額を徐々に離して・・・
c0336266_13190631.jpg
c0336266_13192282.jpg
イブピアジェの可愛い濃いローズ色が見えています。


ボレロは未だ額がピッタリなのと、
c0336266_13203149.jpg
額が離れて来てるのもあるけど。
c0336266_13202775.jpg
連日の長雨で、既に茶色く・・・007.gif


こちらは、シュネービッチェン/スノープリンセス(Pol)
c0336266_13253574.jpg
小さい蕾に白の花弁が少しだけ見えてます。


で、1粒だけ上がっていた、ジャクリ―ヌデュプレ。
c0336266_13263260.jpg
虫食いが見事に、不思議な姿を完成させましたよっ!
未だ、ステキな赤シべは見えてません。
だがしかしっ!
手前に逞しいベイサルシュートがグーンと伸びているので、
期待しよう。(し過ぎない程度に)

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-17 13:28 | ガーデニング

庭のバラに芋虫!!!

さて、涼しい季節ですので、虫がイキイキしております。
今日は雨が降るって言ってたのに晴れてます。
ウドンコにかかってるクレマチス篭口を剪定。
この篭口さん、芋虫の餌食になってて、葉っぱがスカスカ~。
見つけ次第、取ってるんですがね。

とってもショックな出来事が。。。

ジャクリ―ヌデュプレにデカイ芋虫!!!
直ぐに弾き飛ばしてやりましたが、時すでに遅し。
唯一上がっていた蕾は、貫通しておりました。007.gif

ですが大丈夫な蕾も沢山あります。

イブピアジェ
c0336266_13075966.jpg
ボレロ
c0336266_13080246.jpg
額割れも進んで、月末か、10月にはステキな姿を見せてくれるでしょう。


ガラニチカさんはドンドン花を咲かせてます。
c0336266_13095931.jpg
c0336266_13100550.jpg
この花姿、ゼッタイ鎌倉彫に合うと思うんだけどなぁ。
作ってくれないかなぁ。


次の花が見たいので、切り戻しと透かしを。
c0336266_13111788.jpg
相変わらず黄花コスモスは沢山咲きます。
球根とか植えたいんですがねぇ。
何時まで咲くんでしょう・・・



c0336266_13113357.jpg
サルビア・ガラニチカ、アガスターシェ・ピンクポップ、
ブルーサルビア、カルーナ・ガーデンガールズ。



秋冬に咲いてくれる花があると、ちょっと嬉しい。

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-13 13:16 | ガーデニング
さて、バラの蕾も少しづつ付いて来ました。

シュネービッチェン(スノープリンセス)
c0336266_12024511.jpg
一番大きい蕾は、何かに食われた跡がっ@v@


ボレロ
c0336266_12024154.jpg
葉の上で休む蝶。


蕾はこちらも。
c0336266_12040097.jpg
秋明菊・白の蕾。
額が割れて来ました。


庭で摘んだ花を、吹きガラスの丸花瓶に活ける。
c0336266_11384239.jpg
左はアガスターシェ・ピンクポップ、ジニア。 
右は黄花コスモス、ジニア・プロヒュージョン


庭で咲いた花を自宅の花瓶に活けたり、実家に送りつけたりvvv
自分で楽しむのも良いですが、
やっぱり人に差し上げて「喜んでくれた笑顔」はイイですねぇ。012.gif


先日、「今度、庭の花が咲いたらお店(仕事場)に持って行こうかなぁ」
と、言いましたらダンナが、「折角育てたのを持って行っちゃうの?」と。
ダンナは”自分が楽しんでいない内に、他に持って行かれる”のを危惧しておりますv

少しだけ、持って行くだけだからねぇ~。

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-10 12:13 | ガーデニング

漆赤のバラ、開き切る

さて、あの長い名前。
アストリットグレーフィンフォンハイデンベルク。
1日経ったら、開き切りました。
昨日今日は日が出ましたからねぇ。


先ずは横から。
c0336266_08584473.jpg
蕾の時の虫食いが見えてます^^;


真上から
c0336266_08584044.jpg
金色のシべがこの濃い赤によく合う。
昨日よりも少し明るくなった気がしますね。

なんだか中世の豪奢なドレスに見えて来ました!



庭のバラは早くも蕾を幾つかあげて来ましたよv
ボレロ、イブピアジェ、シュネービッチェン。
アストリットさんとジャクリ―ヌデュプレは摘蕾が8月後半までしてたので、
ちょっと遅くなりそうです。
バフビューティは未だ茎を伸ばしていたので、
もう少しかかりそう。


バラ園はもう少ししたら、「秋バラ」見られますかね?
楽しみですねぇ。
秋の庭園vvv

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-03 09:04 | ガーデニング
さて、神奈川は昨夜から雷鳴が響く土砂降りです。
ユキコは、平気そうです。


玄関を出たらドコぞから香って来る・・・・



雨も滴る、深紅のバラ!
c0336266_10270372.jpg
あの長ーい名前の方です。
アストリットグレーフィンフォンハイデンベルク


雨に打たれながらも、
濃厚な香りを周りに放って咲くのは流石ですねv
奇しくも大雨の中咲かせる事になってしまったので、
早速、家の中へ。。。


黄色いシべが美しいv
c0336266_10392606.jpg
ですが、開いちゃってますねぇ。
雨の重みでしょうか。
ホントは開き切る前にお会いしたかったんですけどね。


そして、幾分か明るく写ってる・・・
c0336266_10395384.jpg
咲き始めなので、もっと黒に近いです。
先進むにつれて、明るい赤に変わって行くそう。

長い名前はその昔、ドイツで社会貢献された貴族のご婦人の名だそう。
その濃厚な香りで、
2002年ローマ国際コンクール芳香種部門金賞受賞!
その気になる香りは、濃厚なローズ香に清々しいフルーツ香が混じった香り。
シトラスがちょっと入ってる感じがしますね。
強香です。
だって、雨が降ってる庭で玄関開けただけで香るんですよv

花弁は少し厚みがあり、ベルベットの様なシットリした質感です。

夏の最後の蕾を残して咲かせたので、若干小さめです。
中大輪との事のなので、もう少し大きく咲くでしょう。
樹高も1.4mほどなので、ラティスを優雅に覆ってくれる事を期待します。



でも何とか花は見れたので、今後に期待しようv
コレがワサワサ咲いたら凄いだろうなぁ。
横に植えたジャクリ―ヌデュプレが気高過ぎる雰囲気を、
イイ感じで中和してくれたらいいんだけど。
前に植える草花ももう少し考えなくちゃいけませんね。

[PR]
by turewamyuki | 2015-09-02 11:04 | ガーデニング