愛犬ゆきこと、着物、庭などを綴る、ゴッタ煮blog


by enbo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お部屋の花、サクサク。

ヒヤシンス。
2年目のヒヤシンスは花壇にありますが、
こっちが先に咲くものだと思って居りました。

先に咲いたのは室内水耕栽培でしたっ!
c0336266_11260574.jpg
c0336266_11253514.jpg
もう少し、紫寄りです。
紫はヤッパリ色が出難いですねぇ。
爽やかなロイヤルブルーで写ってます042.gif


チューリップ・ホワイトリバースター
c0336266_11262063.jpg
c0336266_11270523.jpg
こちらは切花ですけど、良く持ってますね。
咲き乱れて来ました。
可愛いと小悪魔が一緒にある感じに見えるのは、私だけでしょうか?

庭のチューリップ、ヒヤシンス、ムスカリ、アネモネ、ラナンキュラス、
ネモフィラなどはマダマダですねぇ。
時期的に早いのはヒヤシンスとムスカリでしょうが、
ムスカリなんて、花穂が見えませんね。


この後は、我が家の庭の環境と、地元鎌倉の比較
(個人分析によるvですよ~)




家の庭は水捌けが悪いです。
ずぼらガーデナーには帰ってちょうど良いかもしれません。
(たまにしか、水あげないので^^;)

日当たりも、メインの庭は南向きですが、
隣家が近過ぎてちょっと暗い。
冬場の方が陽が良く入ります。

そして、坂の途中にある&高台(一か所から見れば)
冷気が吹き上げてくるのかなんなのかわかりませんが、
わりと寒い方。

地元の鎌倉の方が、断然温かいです。
離れてみて、「鎌倉って”ぬくい”のね」と思いました。
あの湿度と温暖な気候。 雪も殆どちらつきもしない。

鎌倉自体もココはココで不思議な地域。
「上野の桜が咲いてるって!じゃあ、鎌倉に行ってみよう!」
といらっしゃる観光客が多いんですが、
東京より1週間ほど遅いです。(私の感じだと)
東京が満開だと鎌倉はなんとか見られるかな?
と言う感じです。
c0336266_11545659.jpg
(10年ほど前の段蔓)
そして、平地と山とでは咲き具合もまた違って。
段蔓だけ満開で後はサッパリと言う事も多々あります。

なぜか?
c0336266_11552650.jpg

それは、ソメイヨシノは段蔓を含む若宮大路が殆どで、
あとは源氏山や市内の学校くらい。
鎌倉に昔から多いのはヤマザクラ。
八重の桜なので、吉野より遅いんですよ。

こんな感じで桜ひとつとっても、不思議な地域です。
後は、潮風がきついので、植物もそうですが、
鉄ものは注意が必要です。
エアコンは塩害対策用で1万ほど+ですし、
車はもちろんのこと、自転車・バイクも直ぐ錆びます。

鉄ものシャビーな感じが好きっ!
ッて方は、とってもイイ土地だと思いますよ~v
c0336266_11521901.jpg
(@長谷・光則寺:花海棠 10年程前)

[PR]
by turewamyuki | 2016-02-19 11:58 | ガーデニング