愛犬ゆきこと、着物、庭などを綴る、ゴッタ煮blog


by enbo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

東京国際キルトフェスティバル@東京ドームに行って来ました!!!

母に誘われていって来ました!
15回目のキルトフェス。
c0336266_19273840.jpg
凄いです。兎に角画像から~

東京ドームシティ。
c0336266_19120458.jpg
めっさ怖い感じに、レーンがデザインされている・・・。

冬なので、夜にはイルミネーションで美しく彩られるそうで。
c0336266_19115481.jpg
チケット持ってる人の列。。。
c0336266_19112903.jpg
すでに並んでました。
当日券で入場の方は1ブロック隣の入場口から。
9:30開始ですよ。

球場一杯に、配置されたキルト作品と物販ブース
c0336266_19153777.jpg

電光掲示板もキルトフェス仕様
c0336266_19280655.jpg

入口はこちらから・・・・
c0336266_19190867.jpg
う?ウィリアム・モリス!?
何故・・・?

モリスのお宅を復元(ハリボテだけどv)
c0336266_19203691.jpg
c0336266_19204158.jpg
早春と春の花が同時に咲いてる不思議な空間。
c0336266_19210315.jpg
c0336266_19210619.jpg
c0336266_19205959.jpg

バラもあり~の。
c0336266_19230062.jpg
c0336266_19225622.jpg


c0336266_19204834.jpg
鉢植えは、樹木とラナンキュラスなど。



協賛はアメリカや英国大使館。
今回のテーマはイギリスよりなので。
c0336266_19235093.jpg
c0336266_19234638.jpg
三浦百恵・・・・?



山口百恵さんだっ!
c0336266_19235793.jpg
キルト業界でも有名な方らしい。
芸能界を寿退社した百恵さんは、キルトを長年しているそうで。
毎年出しているとか。


今年のテーマはピーターラビットの世界。
c0336266_19301205.jpg
担当キルト作家は斉藤謡子さん。
c0336266_19300144.jpg
c0336266_19301663.jpg
この作品以外はたぶん、お弟子さんかな?
c0336266_19320000.jpg
c0336266_19320575.jpg
c0336266_19320919.jpg
c0336266_19321461.jpg
ピーターラビットの世界を、キルトの額絵仕立てにして・・・。

中央は立体物。
c0336266_19333833.jpg
c0336266_19332808.jpg
c0336266_19342404.jpg
c0336266_19335443.jpg
絵も、立体も可愛いvvv


c0336266_19350408.jpg
c0336266_19352457.jpg
c0336266_19352024.jpg
c0336266_19351519.jpg

切り株のお店の周りに植栽も施して。
c0336266_19361350.jpg
この制作は業者だったのですが、
ジキタリス、スズラン、キノコ、水仙・・・?
ココもちょっと季節感が無いですねぇ。
欲を言えば、全て布を使って作ってほしかったかなぁ。
だって、切り株は違うものだし、植栽も布の花に交じって、
造花が入ってるんだもん。
ちょっと爪が甘い感じがしました。
ピーターラビットの再現性が強いだけに残念です。

c0336266_19400185.jpg
c0336266_19400640.jpg
c0336266_19401074.jpg
今年、作者生誕150年、出版110周年記念イヤーだそうで。


コンテスト作品や
c0336266_19442677.jpg
c0336266_19421670.jpg
ジュニア作品もある。
c0336266_19421064.jpg
ただ、ね。
学校出品は大体の年齢が分りますが、
一人の子が作った作品には年齢が書いて無かったのねぇ。
結構重要だと思うんだけど・・・042.gif


物販は、キルト作家さん達のブースはモチロン、
主催のNHK出版、ミシンメーカー、手芸用品の大手メーカーが軒を連ねる・・・
c0336266_19441516.jpg
お茶ブースもあり。

c0336266_19443010.jpg
弁当売り場も。

物販は、和も洋もあるし、ハワイアンも。
アンティークもあれば着物さん、嬉野茶も。
瀬戸物販売まで。

合わせて、足もみマッサージブースもありました・・・。


それはそれは、痒い所に手が届くフェス。
キルトにそんなに興味が無くても、楽しめます。
ただ、会場がドーム内なので、足腰丈夫な元気な方でないと、
無理そうです。
でも、お歳を召された方も沢山いらっしゃって
「ヤッパリ女性はいつも元気だよねぇ」
と、妙に納得したフェスでした。

お昼を食べて会場を後にして、浅草まで~

画像を撮りそびれたので、戦利品だけv

浅草はずれにある、加納ショールーム。
シルバーの簪やクラシックカーのキーホルダーがあるかと思えば、
革製品や、スマホなどに簡単に画像を取り込めるノートを
取り扱う不思議なショップ。

店長さんは何と、地毛で日本髪&着物で接客されてるんですよ~vvv


そんな店で買ったもの。
c0336266_19531204.jpg
シルバー製品のパーツクリーナー



ぽち袋vvv
c0336266_19525757.jpg
c0336266_19530831.jpg
裏もちゃんと後ろ姿が描いてあるんですよ~vvv
これは、3種セットですが、他は同じ物3枚セットです。
色んな日本髪の子が描かれていて、可愛いのですv

日本髪は後ろ姿が特徴的なので、
コレは日本髪好きとしてはツボな商品です!


と、浅草まで足を伸ばして行って来た東京。
今度行くのはいつでしょうか~?

次回もお楽しみにv

[PR]
by turewamyuki | 2016-01-25 21:06 | 手作り